血液を抜かなかればいけないの?

   
 

いいえ。必要ありません。

最先端の技術を使用しDNA鑑定を行いますので、口内の粘膜を専用のサンプル採取キット(綿棒のようなもの)で採取したものをDNA鑑定用のサンプルとして使用することが可能です。したがって痛みもなく、血液を使用したサンプルよりも清潔です。DNAは体のどの部分の細胞のものでも同じであり、血液を使用しても口内粘膜を使用しても鑑定プロセス・結果に違いが生じることはありません(裁判や犯罪捜査にも口内粘膜のサンプルが幅広く使用されています)

なので小さなお子様にも負担がかかることがないので安心してDNAを行えます。

 

 

検査方法

1⃣ 口の中を水でよくすすぎます。

 

2⃣ カルボーター(綿棒)をケースから取り出してください。

 (容器のキャップを回しながら開けます)

 

3⃣ ほおの内側にカルボーター(綿棒)を強く押当てほおの内側の細胞がしっかりと綿部全体に摂取できるように20回ほど回転させてください。同様に同じ側のほおの別の位置で三カ所ほど摂取します。

 

4⃣ 口の中を水ですすぎます。

 

5⃣ カルボーター(綿棒)の綿部を10分ほど放置し乾かしてください。(必ず行ってください、感想させている間は綿部が何かに触れないようにご注意ください。)